おまとめローンとは

お金の借入れ方法には、おまとめローンという借入れ方法があります。
これは、既に小口で複数の金融機関からの借入れがあった場合、おまとめローンを扱う金融機関で新たに借入れを行って、複数の金融機関からの借入れ金の合計金額を一旦完済して清算します。
そうすることで借入れ先を一本化することが出来るので、月々の返済金額も明確になります。
そうしないで複数の金融機関からの借入れをしたままの場合、毎月の返済日や返済金額もバラバラになっているために、その管理だけでも相当気を使うことにもなるでしょうね。
そこに、返済金の工面というもっと重大な仕事が加算されることになります。
おまけに複数の金融機関から借入れをしていた場合には、たとえ小口であったとしてもそれらの借入れ金の手数料を合計すると、馬鹿に出来ない金額ともなってしまいます。
従って毎月複数の金融機関に借金の返済をするために、自転車操業のような借金地獄の状態にあった方ならば、おまとめローンでそうした状況からの脱皮が出来るようになります。
もちろんおまとめローンの場合、これまで複数あった金融機関からの借入れ金の全額を清算するとは言っても、新たに大口の金額を借入れるということにもなるので、当然のことながら新たな借金ともなります。
そうした意味においては、借入れ金の返済先が一つの金融機関になるだけで、借金が帳消しになるのではないので、同じなのではないかと勘違いをする方もおられることと思います。
しかしながらおまとめローンの場合には、上限限度額も比較的大きめとなっていることから、長期的な返済プランにもなりやすいので、以前の複数の金融機関からの小口融資金額の返済プランよりも、借入れ手数料が減額されるケースも十分に考えられます。
むしろおまとめローンで金利を低くすることで、本来の借入れ元本の返済率が上らなければ、おまとめローンにした意味がないと言えるでしょうね。
その上、こうしたおまとめローンを銀行などの金融機関で行った場合には、消費者金融機関などのように総量規制といった問題にも引っ掛かることがないために、年収の3分の1以内での借入れしか出来ないという心配も無くなり、借入れの際の審査さえ通ればかなり大口の融資も可能となるでしょうね。
そのようになると、毎月の返済金額も数万円減額されるということにもなるので、経済面だけでなく精神面においても、かなり以前よりも快適に過ごすことが出来るようになると思われます。